各業種別にあわせた店舗家具の選び方を詳しく丁寧に解説するサイト『業種別の店舗家具選び』

店舗家具や業務用家具にはテーブル、イス、ソファー、座卓、テーブル天板、テーブル脚、
待合ソファー等いろいろとあります。
店舗で使われる家具はその店にマッチした物を選ぶことが肝心です。
それは雰囲気に合わせたデザインであったり、用途に合わせた性能であったり、適当にサイズ
を合わせれば良いというものではありません。
店の設計、内装、家具などをトータルに店舗デザインとして考えるべきです。

各業種別にあわせた店舗家具の選び方を詳しく丁寧に解説するサイト『業種別の店舗家具選び』

しかし初めて店舗家具を選ぶ人はどのように選べばいいのか分からないことも多いでしょう。
このサイトでは業種に合わせた店舗家具の選び方を解説しています。
家具選びの参考書として役立てていただけたら幸いです。

看板は会社を365日24時間休まず宣伝し続けます
http://ms-sign-toyohashi.com/
愛知県豊川市伊奈町新町畑53番地 TEL:0533-65-9551

雰囲気

店舗の雰囲気と使用目的から、家具のカラーや大きさ、希望席数などを考えてお好みのイスやテーブルを選びます。

喫茶店

お店の広さ、雰囲気にあわせてイスやテーブルを選びます。のんびりと過ごせる1人用ソファもあるといいでしょう。

雰囲気を表現

商業施設においては、目を引くようなデザイン性の高い商品が好まれるでしょう。お店の雰囲気を表現するよう、デザインやカラー、材質にもこだわりましょう。

耐久性を重要視

公共施設でも使用する目的によって、製品の選択肢も決まってきます。ホールや集会所などの施設は多くの人が使用するため、耐久性を重要視します。

家具のサイズ

家具のカタログには選び方の基準として、「W・D・H」のアルファベットと共にサイズが表示されています。

レストラン

可動式のテーブルを使用することで、ケースによって少人数と多人数の両方のお客様に対応した席を確保することもできます。